breakdance

ブレイクダンスに必要なもの【ブレイキンを始める前の準備とは?】

 

ブレイクダンスを始めたいな!

ブレイクダンスを始めるには、どんなものや準備が必要なんだろう?

 

こんな人に向けて記事を書きました。

 

今回は、ブレイクダンスを始めるのに必要なものをまとめておきたいと思います。

これからブレイクダンスを始める人に参考になれば嬉しいです。

Ethic

 

 

ブレイクダンスに必要なもの

 

ブレイクダンスに必要なものは以下の3点だと思います。

 

ブレイクダンスの良いところの1つとして、大きな機材などが必要がないところが挙げられます!

 

最初に必要なものをまとめておくと以下の通りです。

 

・練習場所

・服装

・音楽

 

1つずつ詳しくまとめていきます。

 

練習場所

 

ブレイクダンスを始めるときに練習場所はとても大切です。

 

ブレイクダンスを継続していくためにも、自分が定期的に利用する場所を見つけておく必要があります。

 

具体的な練習場所を上げてみると以下の通りです。

 

・コミュニティーセンター

・夜の駅

・スタジオ

・公園

など

 

自分は夜の駅で練習していたり、近所のコミュニティーセンターで練習していました。

 

SNSなどを活用してみて、ブレイクダンサーが練習しているところを探してみることがおすすめです。

 

服装

 

服装は、動きやすいものならなんでも良いと思います。

 

だんだんブレイクダンスを続けていくと、靴やストリートファッションについて詳しくなります⤴️

 

注意することは、激しい動きが多いので、汚れたり、破れても良い服が良いです。

 

あると便利なもの

 

あると便利なものとして、プロテクターを用意しておくとハードな技に挑戦するときに体を守ることができます。

 

スピンキャップや肘・膝のプロテクターを使っているブレイクダンサーは多いです。

 

音楽

 

ブレイクダンスで、よく使われている音楽は、ブレイクビーツ、ファンクミュージック、ソウルミュージック、ヒップホップなどです。

 

練習をするときは必ず音楽をかけながら、練習をした方が良いです。

 

トップのブレイクダンサーの話を聞くと必ず音楽の重要性を話していました。

 

音楽に乗せて、ブレイクダンスを練習することが大切と感じました。

 

ブレイクダンスの曲を2つほど紹介します。

 

The Jimmy Castor Bunch - It’s just Begun

 

ブレイクダンスを有名にした映画である、フラッシュダンスにも使われている曲です。

 

Rock Danceの時もこの曲がかかると必ず盛り上がります!

 

RHYMESTER - B-BOYイズム

 

日本のヒップホップのシーンでは、とても重要な曲だと思います。

 

Bboy Parkが開催されていた、代々木公園でのPVが熱いです🔥

 

ブレイクダンスに必要なもの:まとめ【ブレイキンを始めるための準備とは?】

 

今回は、ブレイクダンスに必要なものについてまとめてみました。

 

もう一度必要なものをまとめると以下の通りです。

 

・練習場所

・服装

・音楽

 

ブレイクダンスは工夫すれば、小さなスペースでも始めることが可能です。

 

最初は、練習場所がうまく見つからなかったり、ブレイクダンサーとつながることができなかったりするかもしれません。

 

少しずつ、行動していくことが大切だと考えています。

-breakdance

© 2022 We Rock