Dance

ダンスを身につけると、クリエイターのマインドが向上する件

 

クリエイターとして、感性を磨くためにはどうすれば良いだろう?

クリエイターマインドを学ぶために良い方法あるのかな?

 

こんな人に向けて、記事を書きました。

 

どうも、Ethicです。

B Life Studioで、ダンスの先生をやっています。

今回は、クリエイターの感性を磨くために、ダンスを学ぶのは有効的だと感じた件についてまとめていきます。

これからは、価値を作り出す人の仕事がどんどん増えてきそうです。

Ethic

 

 

ダンスを身につけると、感性が磨かれる

 

最近は、働き方が変化したり、今までなかった仕事が出てきたりしていますよね。

 

時代の変化が速いなと感じます。

 

SNSクリエイターやプログラミングで仕組みを作ることなどの何かを作る作業が、これからの仕事になってきそうです。

 

色々なテクノロジーを活用して、価値を生み出す仕事が主流になる感じです。

 

価値を作るときに必要なのは、感性なのではないかなと思います。

 

新しい価値観や考え方を発見する人がより重宝されると考えています。

 

ダンスを学ぶと感性が磨かれる3つの理由

 

ダンスを始めてから、とても感性が豊かになったと感じました。

 

ダンスを始める前は、日本だけの価値観しか知らなかったですが、ダンスを通じて様々な人の生き方を学ぶことができました。

 

ダンスを学んでいて、感性が豊かに理由を3つまとめてみました。

 

・様々な人と出会うことができる

・体で表現できる幅がすごく上がる

・アートや文化背景を学ぶきっかけになる

 

経験談を通して、3つのことをまとめていきます。

 

様々な人と出会うことができる

 

ダンスを始めると、年齢や人種など関係なく人と交流できる機会に恵まれます。

 

共通した言語にダンスはなるなと感じました。

 

基本的にどこの国に行っても、ダンサーはいます。

 

お互いのダンスをサイファーで見せ合ったり、スタイルをシェアしたりする過程で、友人になることができます。

 

練習後にご飯に一緒に行くとより仲良くなれるので、おすすめです。

 

ダンスムーブも大切ですが、それ以上にChillも大切です。

 

ヒップホップ的な時間の過ごし方ををすると、アート面や文化に対する理解が深まります。

 

体で表現できる幅がすごく上がる

 

ダンスを練習していくと、体で表現できる幅が広がります。

 

自由に自分で表現する時間って、日本に住んでいると少ないのかなと感じています。

 

学校は、結構厳しいルールがあるし、アメリカに比べて考え方の自由度が日本はあまりないのかなと感じています。

 

ダンスを通じて、自由に自分を表現する時間を作っていくと、考え方が柔軟になります。

 

確かに、誰かからダンスを学ぶことも必要ですが、同時に自分で考えて練習する時間も大切です。

 

表現できる幅が広がる=色々な考え方やコンセプトを知っているということになります。

 

自分の体で学んだことは、色々な分野で応用することができます。

 

アートや文化背景を学ぶきっかけになる

ダンスを学んでいくと、アートや文化背景を学ぶきっかけになります。

 

どのダンスを始めても、そのダンスの歴史や文化背景を学ぶと、ダンス動きに変化が出てきます。

 

自分が何をやっているのかを知っているのか知らないのかってすごく大きな差になります。

 

色々なダンスに挑戦しましたが、それぞれのダンスに文化背景があって、学んでみるとすごく面白いです。

 

ダンスを通じて、音楽について詳しくなったり、デザインについて学ぶきっかけになったりしました。

 

経済的な物事の考え方以外にも、たくさんの捉え方があるんだなと感じました。

 

音楽面だとレアグルーヴなど探したり、デザイナーとアートを見に行ったり、人生の時間の使い方も変化していきました。

 

ダンス=クリエイトする作業です。

 

ダンスは、何かを生み出すことだなと考えてしまいます。

 

何かを生み出すことって、アウトプットすることなので、インプットの時間がとても重要になります。

 

インプットの時間は、ダンス以外の時間のことです。

 

趣味の時間や仕事の時間など、どのような考え方や感性で過ごしているのかって、表現するときにすごく影響するなと感じてしまいます。

 

アウトプットするときに必要なマインドは、人にどう思われているのか考えないことです。

 

基本的に表現は自由なので、間違いって存在しないです。

 

自信を持って感じたことを表現できるようになると、何か新しいことを作り出すことができます。

 

これからは、クリエイターの仕事が増えていきそうです。

 

最初の方にも書きましたが、これからはクリエイター的な仕事がどんどん増えていきます。

 

動画クリエイターやイラストレーターなど、ダンスで培った感性がすごく活かせる領域が仕事になってきます。

 

今までは、仕事だと考えられていなかった分野が仕事になる時代なので、感性を鋭く生きていくことが必要になります。

 

クリエイターのスキルや考え方を身につけるのは、簡単なことではありませんが、時間をかけて学んでいくと少しずつ感性が豊かになってきます。

 

ダンス +  他のキャリアで働ける難易度もだんだんと下がってきそうです。

 

ダンスを身につけると、クリエイターのスキルが向上する件

 

今回は、ダンスを身につけるとクリエイターのマインドが向上する件についてまとめてみました。

 

ダンスを学んでいくと、クリエイター系のスキルの習得が早くなったり、運動神経が向上したり色々とメリットがあります。

 

何の仕事をしても、体力や健康は大事なので、ダンスを運動習慣として捉えるのもアリだなと感じています。

 

これからは、生涯学習が必要になるので、ダンスを通じて常に色々学んでいければ良いなと感じています。

-Dance

© 2022 We Rock